ほくろ 除去ほくろの除去は、シミの除去と同じように病院やクリニックで行われるようになり、除去の方法もほくろの大きさや 形状などによって、選択できるようになりました。
しかし、まったく問題点がないわけではありません。 ほくろを除去する際の問題点についても理解しておきましょう。
スポンサードリンク

 ■ほくろを除去する際の問題点


ほくろ 除去▼形や範囲の大きいほくろは、1回の手術で全てを除去できない。大きいほくろほど、何回かに分けて手術を行う必要があります。

ほくろ 除去▼手術後、手術した部分にほくろが再発することがある。ほくろがうまく取れなかった場合にも再発することがあります。

ほくろ 除去▼レーザー治療の場合、ほくろを除去した痕が残ることがある。クリームなどを処方された場合、きちんと塗っていれば傷痕が残らないこともあります。

ほくろ 除去▼アフターケアを怠ると、ほくろを除去した痕が残ることがある。紫外線に手術痕をさらさないように気をつける必要があります。

▼ ほくろと似た毛穴の黒ずみに悩む方も多いですね。これに関してはしっかりと脱毛することで解決します。おすすめは安くて有名なミュゼです。口コミでも効果が高いと評判です。お肌のケアの面でも安心ですね。(※http://ravend.com/

ほくろ 除去▼美容目的での除去には、保険が適用されない。メラノーマなどの皮膚ガンなどで、本格的な手術をする場合には、保険が適用されます。

ほくろ 除去▼レーザー治療については、保険の適用外となるため、治療費はかなりの高額となる。
1回でほくろをすべて除去できるわけではないので、回数が多ければ、その分多くの治療費がかかります。

ほくろの除去をする際は、これらの問題点を踏まえながら、実績のある病院やクリニックを探すと良いと思います。
またエステサロンでも東京では優良なサロンは多いですし、大阪や名古屋などもそうなので、調べてみる価値ありです。
(※http://xn--ickwar6c4g515u4ll6m4g.com/

特に手術後のアフターケアは、ほくろの再発や手術痕を残さないためにも重要なので、アフターケアがしっかりしている病院やクリニックを選択するようにして下さい。